海外の製薬会社の勃起障害の治療薬は半分の量で服用

ペニスが勃起する角度は、年齢と共に変化します。
加齢と共に男性機能も老化を影響を受けます。10代から20代のペニスは直角に近い角度で勃起します。
男らしい若さ溢れる勃起姿勢であり、女性にも自慢出来る角度です。
しかし、30代から40代になりますと、角度が低下していき、10度から20度は下がってしまうはずです。

更に50代から60代ともなれば、勃起障害のリスクが出て来ます。
勃起自体は可能だが、ペニスが膨張しても角度がほとんど横向きになる、そういった高齢者の声もあります。
勃起時の角度が満足行かない事も、男性のコンプレックスになりますので、勃起障害の治療薬を飲んだ方が良いでしょう。

40代以降の男性は自分では気づいていないだけで、既に老化による軽度の勃起障害になっている恐れがあります。
若い頃であれば性的な映像や刺激を受けると、たちまちペニスが勃起したのになぜだろう、
そういった疑問を抱いている方は、とりあえず各製薬会社がリリースするED治療薬の比較検討を始めましょう。

製薬会社によってリリースする製品に差異があり、利点や使い方、飲み方、副作用の発症率が違っています。
また海外の製薬会社が作った治療薬は、薬効が国産の大衆薬より強めです。
そのため専門家の多くが、「日本人男性は錠剤を半分にしてから飲もう」と勧めています。

1錠丸ごと飲んでしまうと、ペニスの勃起力が急激に高まり、必要以上に亀頭が大きくなったり硬くなる等、逆に面倒な逆作用が現れてしまいます。
日本人の平均体格は、海外の男性たちに比べて華奢であり、半分の服用量でも十分な働きが得られます。
ピルカッターや工作用のカッターを使えば、小さな治療薬も綺麗に半分に分割出来ますので、
一夜の服用量を半分に抑制すれば、副作用や逆作用を上手くコントロール出来ます。