勃起障害によいファイザーのバイアグラは食前に服用

ファイザー社のバイアグラは、勃起障害の特効薬として知られています。
ED治療薬を初めて開発したのがアメリカのファイザーなのです。
ファイザーは全世界の製薬会社中No.1の売り上げを誇る大手であり、ファイザーといえばバイアグラを連想する方は多いでしょう。

バイアグラは食前に服用することで、素早い効果が期待できます。
性行為の1時間前に服用する必要があるので、タイミングを合わせておきましょう。
食前に服用する場合は、食事の1時間前に服用するのが好ましいです。
効果が十分に発現するまでに30分~1時間程度かかるからです。
ひとたび効果が出てしまえば、あとは食事の影響はまったく受けません。
ただし、効果の持続時間は4~5時間と長くはないので、あまり早く飲みすぎるのは避けましょう。

注意したいのは服用後に寝てしまうことです。
4~5時間後に目が覚めたら、ほとんど薬効が残っていなかったというケースもあります。
勃起障害に効くED治療薬は、次回の服用までは24時間は空けないといけません。
4~5時間で薬効が消えたから、すぐに2錠目を飲むわけにはいかないのです。

バイアグラが食後に服用すると、食品に含まれる油膜により吸収率が低下します。
一般的な薬は食後に服用しますが、勃起障害の薬全般は食前に服用します。
唯一食事の影響をあまり受けないのはシアリスであり、それ以外の薬は影響を少なからず受けます。
もし食事を摂ってから服用する場合は、食事の内容は軽食程度に留めておきましょう。
カロリーの大きい食事は薬効を弱めるので避けるべきです。
お酒に関しては少しなら問題ありませんが、大量に飲むと勃起力を減退させるので注意しましょう。
ほろ酔い程度なら、緊張を解きほぐして精力を増進させる作用が期待できます。